営業

【目標は達成して当たり前】やる気に頼らず、確実に目標を達成する方法

カズヒロ
カズヒロ
今日も成長するために奮闘中(^^)

成長アドバイザーのカズヒロ(@kazu_ambassador)です。

漫画しか読めない・人見知り・営業職アンチの状態から、
3ヶ月で営業成績トップを経験しました。

・いつも3日坊主で終わる
・目標を掲げても達成ができない
・行動のモチベーションが上がらない

そんな悩みを解決できる記事を用意しました。

私は怠け癖がすごく、かつ行動もざっくりしか考えずいつも3日坊主です。
そんな私でもこの方法を使って目標をい達成する習慣が身についています。

この記事を読めば、あなたも目標を達成することが当たり前になりますよ。

目標を達成したいなら、やる気に頼るのは今すぐ辞めましょう。

根性論で成功しようとするのはあまりにも無謀です。
気合だけで成功しているように見える人でも隠された工夫が必ずあります。

どんな人でもやる気のなくなる時がある。

人は感情の生き物なので、必ず潜在的に感情に左右されています。
その感情に対して逆の行動をすると疲れますよね。

例えば、雨の日って行動の意欲が下がりませんか。
感情は、ときどきあなたの行動を邪魔してきます。

とはいえ、やる気が出ないからと言って会社を休むことはできませんよね。

なので、感情とはうまく付き合っていかなければならないのです。

感情と行動を分離する

その時の感情と行動は分けて考えるべきです。

感情は行動を起こす時に助けることもあれば、邪魔をする時もあるので、行動をするかどうかを感情に任せると、なかなか行動ができないということも起きてしまいます。

なので、まずは感情で行動を決めるのを辞めましょう。

感情は後からついてくるという考え方

感情は行動した後に時間差でついてきます。

例えば、眠いけど起きて勉強に集中すると、
眠いけどがんばったという事実から充実感を感じます。

逆に、美味しいご飯を食べただけなのに急に怒りが込み上げてくることも、ありませんよね。

つまり、あなたの行動によって感情は湧いてくるのです。

だから、その時の感情は古い行動のモノなので、今後の行動を決める上では必要ないので気にしないようにしましょう。

プラスの感情だけを拾える人になろう

感情を無視しつつも、意識的にプラスの感情だけ拾ってエンジンに帰ることを世間では「ポジティブ・シンキング」と言います。

プラスの感情は、常に自分の背中を押してくれます。

先ほど感情は行動から来るものとお伝えしました。
つまり、「プラスのワード」ばかり発するのは、プラスの感情を作り出すためということです。

目標を達成を目指す時、感情に頼らないためにやるべきこと

やるべきことは『超細分化』です。
これだけやれば、目標達成の未達をを感情のせいにできなくなります。

ただ、感情を無視するのも良いのですが、流石に根性論にも限界があります。
具体的な策を用意しておきましょう。

『超細分化』のすすめ

超細分化とは文字通り細分化を極めるということです。

例えば、「ライティングで記事を1つ書く」という課題であれば、

  • 書く内容を考える
  • 記事のキーワードを決める
  • 見出しを決める
  • リード文を書く
  • 文章を書く
  • 確認・修正をする
  • デザインを整える

といった感じに細分化できます。
このようにざっくり「記事を書く」と考えるのではなく
細かく行動を考えていきます。

自分が「これなら少し考えれば絶対にできる」と感じるところまでレベルを下げる

例えば、先ほどの例で「文章を書く」という作業が難しければ、「1つの見出しだけ文章を書く」と区切ればかなりハードルが下がりますよね。

ただ、レベルを下げすぎるとアクション数が増えすぎてしまい逆に意欲が下がってしまい本末転倒です。
なので、ちょうど良いポイントを自分で探りましょう。

なぜ目標達成のために超細分化を取り入れるのか。2つの理由

超細分化は取り入れるうえで、大きなメリットを2つ紹介します。

やるべきことが明確で、思考停止でやっていれば目標が達成できる

細分化することにより、何をすべきかが明確になります。
行動しやすいレベルまで落とし込みましょう。

転売をしろと言われても難しいと思いますが、「不要なものを見つけて一箇所にまとめましょう」と言われたら動けますよね。

そうやって細分化していくことで、1つ1つのことが簡単になっていきます。
あとは単純にこなすだけで当初の目的が達成できますよね。

行動に移せないは明確にやるべきことがわかっていないからです。

行動に移せない人ほど、やるべきことが明確になっていません。
結局、何もできずに終わること多くないですか?

「企画書作るぞ!」というのは良いのですが、それだけだと何から手をつけるべきかわかりませんよね。

まずは、何をすべきかを明確にしましょう。

細分化をする時には頭を使います

思考停止で行動することでオッケーですが、もちろん細分化する作業では頭を使います。
が、最初だけです。
あとはいちいち手を止めることもなく動かし続けられます。

下記2パターンのうちどちらが効率が良いですか?

【パターン1】
手を動かす→止めて考える→手を動かす→止めて考える→また手を動かす…

【パターン2】
考える→手を動かす→手を動かす→手を動かす

もちろん後者の方が効率が良いですよね。
機械と同じですで、止まって動き出す時に一番エネルギーが必要なので、動き始めたら止まらないことが大切です。

時間の管理がしやすい

細分化すると1つ1つの行動が小さくなるので、時間も15分ずつに区切ることもできます。
そして15分ずつに区切ることができれば、忙しい人も隙間時間に作業がしやすくなります。

少し空いた時間に細分化した作業をすることで、いち早くタスクを終了させることができるでしょう。

「やることが終わらない」それは時間の使い方が悪い証拠です。

私もそうでしたが、隙間時間をうまく使えていない証拠です。
必ず隙間時間はあるので、いかにして時間を有効に使えるかが勝負です。

隙間時間が15分が4回で1時間です。
朝の時間、往復の電車、お昼休憩、帰宅後、入浴中、食事中
色々と工夫はできるのでその空いた時間に当て込みましょう。

気づくと目標を達成している。超細分化の魔法

超細分化によって、いつの間にか達成していたという状況になります。

例えば、下記です。
・いつの間にか、ブログの記事が書き終わっていた。
・いつの間にか、家事が終わっていた
・いつの間にか、毎日ブラインドタイピングができるようになっている。

それもそのはず、超細分化は目の前のエサを拾ってい続ける感覚です。
気づくと目標地点にたどり着いています。

私自身も超細分化を実行して成果を出すことができました。

ブロガーの世界ではgoogleアドセンス合格をまず目指すという考えがありますが、私はここを目標に超細分化を行いました。

その結果、いつの間にか合格していました。
気づいたのは3日後です。笑

今まで「目標を立てても未達で終わることが多かった」という方は、ぜひ試してみてください!

その他、目標達成や成長に関するノウハウは毎日ツイートしてるんでフォロー(@kazu_ambassador)お待ちしてます。