仕事

これでスッキリ!「仕事を辞める」決断ができない原因と対策

カズヒロ
カズヒロ
今日も成長するため奮闘中(^^)

成長アドバイザーのカズヒロ(@kazu_ambassador)です。

漫画しか読めない・人見知り・営業職アンチの状態から、
3ヶ月で営業成績トップを経験しました。

・仕事を辞める決断ができない
・辞めることが不安
・最後の人推しが欲しい

そんな悩みを解決できる記事を用意しました!

実際に、私は2年で3回の転職を経験しています。
結果としてわかったことは転職は良くも悪くもないということです。
あるのは仕事が変わったという事実があるだけ。

この記事を読んでもらえると、仕事を辞める決断が少し軽くなり、何をすべきかわかります。

ぜひ、読み進めてください。
あなたの迷いは無駄な悩みかもしれませんよ。

仕事を辞めるかどうか悩んでしまう原因3つ

仕事を辞める原因は、大きく分けるとこの3つではないでしょうか。

  • 大きく捉えすぎている
  • 周りの目を気にしすぎている
  • 今後に不安がある

順番に説明します。

仕事を辞めることを大きく捉えすぎている

非常に多くの人がコレに当てはまると思います。
私自身も「転職は人生において大きな選択」と思っていました。

日本では、下記のようなイメージがかなり強いです。
「とりあえず3年」「転職は難しい」「仕事を辞める=負け」

しかし、ただのイメージなので気にする必要ありません。

「20代・30代の3年の価値」理解してますか?

吸収率の高い頭の状態の3年を有効に使えたら、
何ができると思いますか?

ちなみに、1日9時間を3年続けると「1万時間」になります。
「1万時間」というのは、様々なスポーツや演奏家などプロとなって成功するために必要な時間と言われています。

つまり、その3年を本気で頑張りたいことに使えば、夢が叶うかもしれないということです。

「転職の回数は少ない方が良い」は信じる価値0です。

私は2年の間に3度の転職を経験しています。
しかし、何も言われたことはありません。

もしネガティブに捉えられるようであれば、そんな会社こちらから願い下げです。

日本では、一つの仕事を続けると「天職」などと宗教のように称賛される風習があります。そのせいで「転職=悪いこと」と捉える人が多いようです。

何の根拠もありませんので無視で大丈夫です。

何も考えず仕事を辞める決断をするのは危険

仕事を辞めて次を探すのは悪いことではありません。
しかし、何も考えずに行うのは危険です。

次が見つかるまでに時間がかかってニートになるか、すぐに見つかっても雑に選んだ場合はすぐに辞めるのが落ちです。

私も経験しています。
ニートから抜け出すのは大変なので気をつけましょう!笑

仕事を辞めることは、あなたが思っているほど大きいものではない。

周りの目を気にしすぎている

私もそうでしたが、辞めることで周りはどう思うだろう?と自分以外の存在に目を向けてしまうことも、仕事を辞める決断ができない原因の一つです。

結論、気にしなくても大丈夫です。

あなたは自分の人生を生きているわけで、他人の人生を生きているわけではありません。

気になるのは辞める瞬間だけです

気になるのは辞めることを告げた瞬間だけです。

その後は、スッキリした気持ちでいることができるでしょう。

私も周りの目が気になっていましたが、辞めることを伝えた瞬間、一気に開き直ってスッキリしました。

さほど、あなたの存在は大きくない

あなたが思っている以上にあなたの存在は大きく無いです。

いなくなっても少し困りますが立て直すことは十分に可能です。

自分の存在価値を大きく考えてしまうのは人間の心理なので無理はないのですが、そのせいで損してはいけません。

周りへの心配は、ただの心理的なものだと割り切りましょう。

今後に不安がある

仕事をやめる決断をする上で最も大きい原因は、今後の計画が立っていないからだと思います。

私の体験を元に、気をつけて欲しいポイントを紹介します。

貯金について

貯金は2ヶ月分の最低限生活できる額のお金を貯金しておきましょう。

月15万円使う人であれば30万円
月20万円使う人であれば40万円です。

仕事と仕事の間が長いと1〜2ヶ月程度開くことあります。
かつ、始まっても給料が入るのは翌月の25日ということもあります。

合計2ヶ月分は貯めておくのは最低防衛ラインですよ。

仕事について

次の仕事は辞める前に見つけておきましょう。

何も検討なしで辞めるのは、無謀すぎます。

  • 次は何をしたいのか
    • 業界は?職種は?
  • なぜそれがやりたいのか
    • 理由はしっかりしてる?
  • 雇用形態をどうするか
    • 正社員?派遣社員?アルバイト?

やってみないとわからないことはありますが、方向性はしっかり決めておきましょう。

引越し・家賃について

引越しの必要性を考えておかないと大変な目に合う。

現在、借り上げ社宅や会社の寮、会社から、家賃補助をもらっている場合、それがなくなるので注意しましょう。

基本的には、仕事を辞めるのと同時に出ていくことになります。
家賃補助も出ないようになるので、家探しやお金の使い方にも気をつけましょう。

私も考えていなくて大変な目に遭いましたので…

引越しの有無を確認しておきましょう

仕事を辞めることは決断したけど、あと一押しが欲しい人へ

仕事を辞める決断をした!…けどラスト背中を押して欲しい。
という人のために、ダメ押しで3つのメッセージを送ります。

仕事を辞めることなく我慢するな。その気遣いは迷惑だと気付こう。

仕事を辞めることを耐えてダラダラ働かれると、一生懸命働く人の邪魔をすることもあります。

もし、あなたが給料を払う立場だったとします。
従業員が中途半端にダラダラ作業をしている人にお金を払いたくなりますか?

モチベーションが無いのにダラダラと働くことこそ、お互いにマイナスなのです。

仕事を辞めることになっても会える。関係性を切る必要は無いと知ろう。

「あの人と仲良かったのに…」
と思ったなら気にしないでください。

私の場合、辞めてからも仲が良かったメンバーとは定期的に会っています。

喧嘩別れでは無いのでいつでも会えますので、仕事を辞めることと交友関係は切り離して考えておきましょう。

タイミングは今しかない。長くいたせいで職場に依存してだけだと目を覚そう。

なかなか辞める決心がつかないのは、そこに長くいたからです。

長く付き合うカップルほど別れにくいのと同じで、仕事も長く続けるほど軽い依存状態になってしまいます。

なので、それは自分を奮い立たせるしかありません。
その仕事をダラダラつづけて人生を棒に振る前に、会社を辞めて新しい環境にチャレンジしましょう。