営業

飛び込み営業でチャイムを押すのが怖い人に伝えたいマインドハック

カズヒロ
カズヒロ
今日も素晴らしい商材を
一人でも多くのお客様にお届けします。笑

プロポジティブ野郎カズヒロ(@kazu_ambassador)です。

漫画しか読めない・人見知り・営業職アンチの状態から、
3ヶ月で営業成績トップを経験しました。

・飛び込み営業って怖いの?
・飛び込み営業をやるメリットは?
・人見知りで怖いんだけど大丈夫?

という悩みを解決できる記事を用意しました。

読んでいただけると、飛び込み営業が怖いという不安がなくなり、気持ちよく営業職をスタートできますよ。

実際に私もダメダメの状態から、3ヶ月で成績トップを経験できています。

誰でも最初は不安だらけです。ましてや一般的に大変そうな飛び込み営業とか怖いの一言ですよね。
それでも挑戦する価値がありますし、あなたの今後の人生でも役にたつ力が身につきます。
ぜひ、読んで一緒に営業の門を叩きましょう!

飛び込み営業は怖いと思うのが当たり前です。

飛び込み営業が怖いと感じる人や、不安だったり自分に自身がなくなる人がよくいますが、当たり前のことなので考えるだけ無駄です。

営業にもいくつか種類がありますが、その中でも新規開拓は最もお金・時間・労力がかかります。
営業というと雑な感じに思われがちですが、それだけ大変なことなのです。だから、初めての人が怖いと思うのは当然のことなのです。

いきなりヘリコプターを操縦しろと言われたら怖いですよね。それと同じです。

初めてのこと、かつ重要なことだから、怖いと思うのは当たり前です。
だから、あなたが飛び込み営業って怖い、不安、自信がないのは周りと同じ思考なので安心してくださいね。

飛び込み営業に挑戦するメリット3つ

飛び込み営業は怖いかもしれませんが、代表的なメリットとして以下の3つがあります。

  • 様々なスキルが効率よく身に付く
  • 他人に優しくできるようになる
  • ポジティブになれる

これが短期間で手に入り、収入も増えるなら挑戦する価値ありそうじゃないですか?
そして、一人でやるように見えて社内には仲間がたくさんいます。ライバルかもしれませんが、意外と意識が高い人ばかりでもないので、楽しく頑張れますよ。

様々なスキルが効率よく身に付く

コミュニケーション能力、立ち居振る舞い、発信力、相手の思考を読み取る力、など

あげるとまだまだありますが、こういったものを短期間で取得できるのは大きなメリットです。
副業が流行っていますが営業力があれば、かなり有利です。

実際に営業で得たスキルがこういうところでも役に立ちました。

私は、フリーランスでライティングの仕事もしてまして、一番最初の初心者の時の話です。

クラウドワークスというサイトで様々な案件が掲載されていて、案件に提案文を送り採用されれば仕事ができるという仕組みなのですが、初心者は大抵採用されず、平均的に10件提案文を送っても採用は1つか2つと言われています。

ただ、私は飛び込み営業で得たスキルを駆使することで5件送って5件の採用が来ました。

もちろん、それだけあれば言い訳ではありませんが、ド初心者でもそれだけ受注できたので営業スキルは大切なんです。

他人に優しくできるようになる

飛び込み営業をしていると、ひどい断られ方をされることもあります。そうすると、自分はこういう人にならないようにしようという心情になって他人にも優しくできるようになります。

私も、飛び込み営業でイライラすることが多すぎて、ちょっとやそっとのことでは動じないようになりました。良い意味でメンタルが鍛えられます。

ひどい断られ方をするのが怖いという方もいますが大丈夫です。安心してください。
雑な断られ方は多いですが、怒られたりすることは今までに一度もありません。

雑な断られ方も、社内に戻った時に良いネタになるので、深くとらえずに面白半分で聞き流しましょう。

ポジティブになれる

他人に優しくなれるのと少し似てますが、ポジティブにもなれます。

飛び込み営業は数打てば当たるという精神が強いため、慣れてくると断られてもいちいち悩まなくなります。断られる→はいはい。といった具合です。
あまりイメージがつかないかもしれませんが、慣れです。

クラス替えや席替えと同じようなものです。
新しい配置はドキドキしますが、結局すぐに慣れますよね。

つまり、物事を悪くとらえないようになっていきます。
何も思わなくなるを通り過ぎると、次の段階として、ポジティブに続けられるようになっていきます。

「いちいち病んでても仕方ない。良い風に捉えよう!」って感じです。わかりにくいかもしれませんが飛び込み営業で成績が出ている人はポジティブな人が多いです。

余談ですが、私は10円拾っただけで興奮して色んな人にLINEしてしまいます。はい。一種の病気です。笑

超絶ビビリの私が、飛び込み営業が怖いと感じたとき実際にやっていたこと

私が実際にやっていたこととしては2つあります。
同じようにやってもらうと、かなり気分が楽になると思います。

なんでも最初の一歩が肝心で、最初の壁さえ超えるとあとは楽になります。
なので、最初は気楽にインターホン鳴らしましょう。

怖い人が出てくると仮定して挑む。全力の笑顔で相手の笑顔を引き出す遊び

押す前から変な人が出てくると考えて挑むと良いです。そうするとどんな人が出てきても対応できます。

あと、私がよくやっていたのは、「怖い人が出てくるからその人の笑顔を引き出したら勝ち!」という遊びを個人的にやっていました。笑

ただ、ひたすら商品を説明するだけならロボットでもできます。

ピンポンを押すのが怖いと思っているかもしれませんが、相手からすると得体の知れない人が急にモノを売りつけてくる方が怖いです。だからこそ笑いを取り入れた方が良いです。
笑わせるのではなく、笑顔で明るく「こんにちは!」これだけで相手は安心します。

この建物回り終えたらコンビニでアイス食べよ〜

これは今でもよくやります。

歩き回っているとなかなか疲れが溜まってきます。
営業はモチベーションのコントロールも仕事のうちです!

ご褒美をそのあとに用意すると、すごい気持ちが楽になります。
「なんだか余裕だから、もう1つ回ってからにしよう」となることもしばしば…。

自分でどうにかして気を紛らわせるように工夫しましょう。

余談ですが、個人的にミニストップのアイスクリームは濃厚で最高だと思っているので、よかったら食べてみてください。笑

人見知りでも大丈夫です。営業の仕事に人見知りは関係ありません。

急に厳しいことをいうかも知れませんが、人見知りは甘えです。自分から話しかけるのが怖いから、相手から話しかけられるのを待っているのです。

ただ、営業は遊びではなく仕事です。恥ずかしいとか怖いとか言ってられません。

アルバイトで初対面の人が怖いから面接では会話できません。って人は少ないですよね。
営業もやるからには相手がもしかしたら、その話を待っているかも知れません。

現に私も飛び込み営業で契約をいただいた方からは、「ちょうど良いところに来てくれた。ありがとう」とよく言ってもらっています。なので、あなたも断る人にビビる前に「もしかしたら待っているかも」と考えるようにしましょう。

そして、人見知りという私情は営業だからと考えていちいち挟まないようにしましょう。

超人見知りの私が、克服するために実際にやったこと

とはいえ私も人見知りを克服したタイプの人間です。

私の場合、人前での自己紹介ですら怖くて逃げ出していました。
ただ、仕事でそれを考えたことはありません。

克服するためにやったことと言えば、『カッコよくなろうとした』ということくらいです。
いや、ふざけているわけではなくて、いい大人にもなって「たとえ仕事でも初対面の人とは話せません。」なんてカッコ悪い大人になるのがいやでした。

極論かも知れませんが、当時の私はそう思って克服しました。

今でも完全ではないですが、克服して感じるのは、世界が広がっているということです。
自分の世界に閉じこもるより、色んな人の考えを吸収することで成長速度も早まります。

コツは、人見知りではないと思い込むことです。
それを公言するのも最高の方法です。まずは、逃げ道を無くしましょう。

飛び込み営業が怖いのは知識がないからです。たくさん本を読みましょう。

普段からできる限りビジネス書やニュースを見るようになりましょう。

飛び込み営業が怖いと感じる原因の1つとして、知識不足というのが挙げられます。
中途半端な知識で一人で回り始めるから不安と感じるのではないでしょうか。

営業では様々なビジネス的な話が出てきます。そういう話ができる人出ないと相手が話を聞いてくれないということもあります。

最初は知識がないことが当たり前なので、仕方のないことです。
ただ、商材の知識だけでなく様々なビジネスちっくな話をできた方が相手に安心感を与えることができたり、自分の自身にも繋がります。

漫画しか読めなかった私が、ビジネス書を読めるようになった方法

ビジネス書に触れることをしなさすぎて、ビジネス書=図鑑みたいな本、と思っていた私でも今はビジネス書を年間100冊程度読むようになりました。

やったことは、自分に関係のありそうな本で、イラストが多くページ数の少ない本から読めるようになっていくということです。

とりあえず、ビジネス書に触れることからです。意外と思っているほど難しものではないです。

営業だけではなく様々な本があるのでなんでも良いので読むようにしましょう。

まとめ