営業

営業をやるには何を勉強すれば良いの?に対して『特に無いです』は嘘です。やるべき事があります。

カズヒロ
カズヒロ
今日も素晴らしい商材を
一人でも多くのお客様にお届けいたします。笑

プロポジティブ野郎カズヒロ(@kazu_ambassador)です。

漫画しか読めない・人見知り・営業職アンチの状態から、
3ヶ月で営業成績トップを経験しました。

・営業職に挑戦したいんだけど、なんだか不安
・仕事が始まるまでに、何を勉強しておけば良い?
・勉強が苦手なんだけど、大丈夫かな?

こういう悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事を読めば、営業に挑戦する前にやっておくべき勉強とそのやり方がわかります。
また、職に就くまでの不安解消にも役立つように書きました。

もちろん私自身も新人の時期を超えました。その時に苦労したことや、やっていて良かったことが色々とあるので参考になると思います。

ぜひ、読んでスタートダッシュを決めてください。

自分が営業で関わる商材や、ターゲットの業界知識を勉強しましょう

一人でやる作業ではなく、お客さんとリアルタイムで話をするわけです。
その時に、知識が乏しいと相手の考えていることを先読みできず、相手に寄り添った提案ができなくなります。

例えば、
あなたが客の立場で営業マンにいくつか質問をしたとします。そこで全て「わかりません」と言われたらどうですか?不安になりませんか?

逆に、めちゃくちゃ詳しかったらどうですか?
色々と任せてしまいたくなりませんか?

もちろん博士レベルは必要ありませんが、一定以上の知識はあってほしいです。

やはり、引き出しは多いに越したことありません。

なぜ、新人は成績が低いのかを考えると全てが見えてきます。先を考えましょう。

なんでもそうですが、多くの人が、できる人やできる姿ばかり考えがちです。
それが影響力をたくさんもっているからです。

ただ、あえてできない未来を考えてみてください。
そして、「なぜできないのか」「なぜ上手くいかないのか」を考えてみてください。

できない姿からも学ぶことで見えていなかったことも見えるようになりますよ。

これを『クリティカル・シンキング』と言います。

クリティカル・シンキング

感情や意見に流されることなく、客観的に物事を判断しようとする
思考プロセスのこと。

実際に営業を始めて最初に苦しむのは知識不足です。前もって解決しましょう

私は、そこにハマることなくスムーズに行きましたが、
他の人はみんな苦しんでいます。

例えるまでもありませんが、知識がないとお客さんとの話がなかなか難しいです。
雑談の中にも相手の悩みが見え隠れするのに、それを見抜けない。

そうなると、営業成績アップは難しいですね。
プロとしてお金をもらう以上、それなりにノウハウを溜めておかなければなりません。

たくさん勉強しろというわけではありませんが、最低限の勉強は必ずしましょう。

確かに後からでも学べますが、後回しにして良いことは何もありません。

勉強は同行や実際に営業に回りながらでもできるから今する必要はないという意見は、かなり多いです。しかし、同行する前、営業で回り始める前に知識をつけておくとその期間がさらに有意義になります。

実際に私はが電話営業をすることになったとき、その瞬間からビジネス書を5冊程度と毎日1時間程度の予備知識の学習を始めました。
そうするとロープレでの練習が始まったときには、かなり実践的なロープレが行えるようになっていたり、実際にやってみることになったときにはすぐに契約が取れたりと、何歩も先に行ってました。

結果、1ヶ月で社内トップ3位まで上り詰めました。

周りにはすごいと言われましたが、周りがのんびり半年かけてやることを1ヶ月で、かつ前倒しでやっただけです。

誰でもできる簡単なことです。

他にも学ぶべき事がありますが同時進行で大丈夫です。

確かに営業の勉強というと、コミュニケーション能力、提案力、課題発見力など色々とあります。
しかし、それらは日常で意識するだけで育つ能力です。一人で家でできることではありません。

なので、日常ではスキルを磨くために色々と意識をして、家では必要となる知識の勉強をしましょう。なので、今は、今は、と考える意味はありません。

同時進行が一番効率がいいです。

大丈夫です。家でテレビを見ている時間、youtubeを見ている時間を半分にすれば時間の確保は可能です。今すぐ始めましょう。

営業の正しい勉強のやり方は、『アウトプット』を意識することです。

アウトプットが必要な理由

定着していない知識は自由に使うことができません。
なので記憶に定着させる必要があります。

これに関して、アメリカ国立訓練研究所があるデータを示してくれています。
どの方法が、学習したことを定着させるのに適しているのかを表しています。

この表からすると、「他の人に教える」というのが最も効果的という結果ですね。
続いて、「自ら体験する」というのもかなり効果的というのがわかります。

時間をかけるという意見もあるかもしれませんが、時間は有限です。うまく効率よく扱うことが求められます。

Twitterを効果的に使おう。

他の人に教えるというのが効果的なことは理解できたと思います。
そして、その具体的な方法がTwitterです。

覚えたことは、どんどん発信しましょう。

私も感じたことや学んだことはメモしてTwitterでつぶやくようにしています。
実際に見ていただければわかると思います。→(@kazu_ambassador)

読んだ人にわかりやすく伝えるために、という考えるプロセスがさらに記憶定着に一役買います。

まだ期間がある場合は実際にアルバイトをして試してみましょう

まだ営業の仕事を始めるまでに期間がある方は実際に試すのが良いと思います。
営業系のバイトであれば時給もかなり高いのでオススメです。

そして、その中で学んだことを試してみるとかなり効率よく身につきますよ。

先ほどのラーニング・ピラミッドでも「自ら体験する」というのが第二位でした。
ツイッターと併用することでされに期待ができますね。

ぜひ、スタートダッシュを決めてくださいね!